カートを見る ログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

咲耶 Sakuya 50g Pick up

茶茶の間の煎茶「咲耶」

咲耶 Sakuya 50g

価格:

2,700円 (税込)

購入数:

在庫

問い合わせ
この商品について問い合わせる
友達に伝える
友達にメールですすめる

茶茶の間の煎茶
『咲耶』
CHACHANOMA Sakuyan

● 品種:香駿 ● 採取:手摘み ● 産地:浜松市天竜区 ● 茶種:煎茶
● Tea cultivars:Kousyun ● Picking:Hand picking ● Tea grown region:Shizuoka ● Type:Sencha



◇商品紹介◇
ワイルドローズや香木のような品のある華やかな香り、いつまでも続く深い余韻があります。スイーツに合わせても美味しく、煎茶のイメージを変えてしまうような余韻のあるお茶です。茶茶の間の中でもとてもお勧めのお茶で、中国茶やコーヒー、お酒のように気分転換や日々のちょっとした贅沢に楽しむ味わいとはこのようなものだと考えているお茶です。華やかな香りは品種の特徴、力強い余韻は産地の特徴と言うことはできますが、その二つを併せ持つ唯一無二の味わいです。
 
「咲夜」は『香駿』とよばれる香りのよい品種のお茶ですが、同じ品種の「桃源郷」とは、少し性格が異なります。「桃源郷」がお茶の味わい、フレッシュな印象が前面に出るのに対して、「咲耶」は香りと余韻に特徴があります。 ハーブのような穏やかな印象のお茶の味わい、奥から膨らむお茶の香りが積み重なるようなお茶です。
 
「咲耶」は茶茶の間で多く扱いのある本山茶の産地がある安部川から西に70キロほど、さらに天竜川沿いに山に入った銘茶の産地で知られる天竜で作られています。標高250メートルほどのこのあたりには何件かのお茶農家さんが山の中に点在するように畑を持ってお茶を生産されています。川沿いに進む道から山に入った先にある生産者さんの家から、川にかけての急峻な斜面に作られた茶畑で育てられました。とても見晴らしの良い南西に面した畑で、晴れた日には天竜川にかかる橋が遠めに見えるとてもロケーションの良い土地です。朝には霧が立ち込め、日の光を遮り、お茶の香りがしっかりと引き出されています。
 
シナモンや香木を思わせるやわらかい香りと穏やかなお茶の味わいが特徴です。お茶を淹れていると香りに酔うような感覚がするほどです。急須の中で熱に触れて開いた茶葉からは香草や蘭、シナモンを思わせる力強い香りが立ちあがります。淹れたお茶からは茶葉の香りの心地よいところだけが、上品に浸出されているような味わいです。控えめながら香りと相まって広がる甘み、お茶の味わい、そして最後にキリリとした渋み。飲み終わった後には体の奥から香りが湧き上がってくるような余韻の感覚があります。華やかで優しい香りが鼻の奥でくすぶり続ける、ゆっくりと体にしみわたっていくような。一杯のお茶がいつまでも長く響く、お茶を飲むということで心地よい感覚をもたらしてくれる味わいです。
 
『香駿』の香りは優しく広がるような印象があります。香りの系統としてはジャスミンのような軽やかな印象が多い印雑系、『近藤早生』や『蒼風』などとは少し異なる、しっとりとした艶のある香りです。
種から育てた昔ながらの在来のお茶の香りに近い穏やかで優しい甘い香りです。年度によっては手摘みの在来「流星」から「香駿」と似た香りがすることがあります。満開の桜が風によってふわっと散るような、そんな春の風のぬくもりのような雰囲気を持っています。優しいお茶の香りをお楽しみください。
 
スイーツと合わせても美味しいお茶で、クッキーなどの焼き菓子から、ベリー系の香りとの相性は抜群です。渋みもしっかりとあるためにあんこなどの甘みの強い甘味とも相性よく楽しめます。濃い目に淹れることでチョコレートなどとも相性がいいので、色々なものと合わせてお楽しみください。 



ページトップへ